●お腹を空かせてピーちゃんが来た。

猫のピーちゃんが初めて我が家に遊びに来たのは昨年の春。

畑の中でピーピー鳴いていた。元は飼い猫だろう、人を恐れない。

ピーピーと鳴くからピーちゃんと呼んだ。

そのうち毎朝、畑の中から我が家を見ていることに気が付いた。

カーテンを開けて畑を見やると目が合う。

「あ、ピーちゃん」するとすぐに走って我が家にやってくる。

ちくわが好きで、ソーセージは嫌い、キャットフードはよく食べる。


あれから1年。来なくなって2週間、

もう来ないのか、と思っていたら、先日大きなお腹でやってきた。 

そのうちみるみる大きくなって、日に3度も来るようになった。

そして、昨日、お腹をへこませてやってきた。

「お、生まれたか、おめでとう、ピーちゃん」 

しかし、どこにいるのやら、おなかが空いたときにしか来ない猫、最近の世の事情を考慮して、迷惑をかけたくないと思っているのか、非常に賢い猫である。

雨のち曇り、今朝から私は、空を見上げながら、昨日買った、

少し高めのキャットフードが気に入ってもらえるか、ドキドキしながら待っている。

閲覧数:7回0件のコメント