シビルウエディングに必要な「婚姻届受理証明書」とは

シビルウエディングをする際に、必ず必要、或いは、後日でも見せていただくことを義務のようにミニスターが語っている婚姻届受理証明書とは何なのか。


これに答えよう。


婚姻届受理証明書は、『結婚しています』という証明ではなく、『役所に婚姻届が確かに受理された、』という事を証明するもの。 なぜ、こんなものをと思うかもしれないが、法的に二人が結婚したことを宣言するのがシビルウエディングなのであって、結婚していることを証明ではないのです。 婚姻届を受理され、法的に二人は夫婦になりました、という証明が重要なのです。


この婚姻届受理証明書ですが、婚姻届が役所で受理され、その届の書類が役所にあるうちは申請ができますが、その書類がやがて、法務局に移ります。そうするともう申請できなくなります。これは、結婚しているという証明ではなく、あくまでも受理したという証明だからです。

役所に婚姻届が保存される期間に決まりはなく、今までの経験で、1年過ぎにはもう取れなかった人、2年過ぎても取れた人など様々です。おおよそ、一年と考えると良いと思います。

限られた期間にしか取れない婚姻届受理証明書をぜひ、皆さん、申請してください。

但し、婚姻届受理証明書には2種類あって、簡易的なものと賞状タイプの上質の物。最近では、それぞれの地方色を出した婚姻届く受理証明書がたくさんできています。

ぜひ、結婚する人がいらしたら、教えてあげてください。



全国の役所のホームページに掲載の婚姻届受理証明書です。

このように様々なデザインのものが最近は増えています。役所では、『届出婚』といって、市長、区長などが、司式者を務めて、婚姻届受理証明書を渡してくださる式もあります。

しかし、我々のシビルウエディングのように、二人の紹介をきちんとして、互いの人となりが分かって祝福の拍手をするという形は、全日本ブライダル協会のシビルウエディングだけです。

ぜひ、皆さん、ご理解いただき、幸せの第一歩をシビルウエディングでなさいませんか。



閲覧数:15回0件のコメント